茶トラ猫 茶々とマロンの茶とらーずブログ

YouTubeで公開中!茶トラ猫の茶々とマロンの動画で話せなかった情報などをブログで紹介します

猫が他の猫の首を噛む4つの理由と止めさせる方法

猫が他の猫の首を噛む4つの理由と止めさせる方法を紹介します!
猫が首を噛む理由

猫を多頭飼いしている方は良く見かける光景だと思いますが、猫が他の猫の首を噛んでいて、大丈夫なのかと心配に思う方も多いのではないでしょうか?

首を噛んでいるのを見かけると痛そうに思えたり、怪我をしてしまうのではないかと心配に思い、叱ってしまうこともあると思います。

しかし、猫が他の猫の首を噛む行動は、叱らない方が良い場合が多いことをご存知でしょうか?


では早速「首を噛む理由」と「止めさせる方法」を紹介したいと思います!


【1】猫同士のじゃれ合いにより首を噛む事があります
特に子猫の頃に多く見られる行動ですが、子猫同士で首を噛み合い、痛み社交性を勉強します。

噛み合うじゃれ合いをしたことない猫は、飼い主に噛み付いて怪我をさせてしまいやすい傾向にあります。

子猫同士がじゃれ合ってる時は、首を噛んでも流血したりすることはあまりありませんので、割って入らずに見守ってあげましょう。


【2】親猫が子猫に躾けるために首を噛むことがあります
子猫が大きな鳴き声をあげることも多いので、飼い主は子猫が死んでしまうのでないかと心配になると思います。
しかし、親猫が子猫の首を噛むことはとしてやっていますので、温かく見守るようにしましょう。


【3】順位争いで首を噛むことがあります
自分の方が強い!自分の方が偉い!とアピールするために首を噛む事があります。

先住猫が新入りの猫に序列を教えるための行動でもあります。


【4】交尾をするために首を噛むことがあります
オス猫がメス猫の上にのしかかって、メス猫の首を噛んでいる場合は交尾をしたがっています。
猫は首を掴むと大人しくなるの習性があり、子猫の時に母猫が首を咥えて運んでいたことが関係しております。
その習性を利用した方法で、メス猫を大人しくさせたいために首を噛みます。


※基本的に注意が必要な場合以外は叱らない方が良い

猫首を噛む時は、じゃれ合いや躾、順位争い、交尾のために意味のある行動をしています。

そのため、叱られるとなぜ叱られたのか理解出来ず、ストレスとなってしまう事があるからです。


●注意する必要がある場合はどんな時?
・怒っていたり、威嚇してじゃれ合いからケンカになってヒートアップした時
・子猫を噛んで振り回していたり、激しく噛んで流血している場合


そんな時は飼い主さんが間に入って止めさせるか、一度離してあげたほうが安心だと思います。


●どのような方法で止めさせるか?

大きな音や水を入れたスプレーで止めます。

先程説明した通り、叱って止めるのではなくテーブルなどを叩いて頑丈で大きな音がなる物で脅かすと、猫は怒られたと思わずにビックリして噛むのを止める事が多いです。

しかしそれでも止めてくれない場合は、水を入れた霧吹きなどをかけるなどして止めませるようにしましょう。

万が一ケガをしてしまった場合は、少量の出血程度であれば消毒してあげるだけで良いと思います。

傷が深い場合や出血が止まらない場合は早めに動物病院へ連れて行くことをオススメします。


●最後に
猫同士で首を噛むという行為は珍しい物ではなく、当たり前に行われている行動です。
飼い主さんが危険な行動なのかしっかりと理解して、見守るか引き離すか観察し見極めてあげることが重要ですね。

今回は、猫が他の猫の首を噛む理由と止めさせる方法について話しましたがいかがだったでしょうか?
感想はコメントに書いて教えて下さいね。
関連記事
拍手を押して応援して頂けると嬉しいです。
この記事が気に入って頂けたらSNSなどで拡散してね!
[ 2019/06/03 19:30 ] 猫の知識 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL