茶トラ猫 茶々とマロンの茶とらーずブログ

YouTubeで公開中!茶トラ猫の茶々とマロンの動画で話せなかった情報などをブログで紹介します

猫が熱中症になる事をご存知ですか?なった場合の対応とならないための予防について

【対策】猫の熱中症になる症状は痙攣や口呼吸によって見分ける事が出来ますが、普段の予防が重要です
猫の熱中症対策

暑い日が続いておりますが、熱中症対策されておりますか?
人が熱中症にならないための対策は良く聞きますが、実は猫も熱中症になるとご存知でしょうか?


★今回は猫の熱中症について次の話しをします
【1】熱中症になった時の症状
【2】熱中症になった場合の対応
【3】熱中症になりやすい条件
【4】熱中症を防ぐための対策

これらの話しをして行きたいと思いますが、
もし熱中症になってしまった場合、この動画の知識を頭の片隅にでも入れておいて即行動が起こせるようにしておきましょう。

まずは・・・
熱中症の疑いがあるので、この記事を見て頂けてる方のために、熱中症になった時の症状と対応方法について話していきます。

【1】猫が熱中症になった時の症状についてですが、先日このようなツイートをしました。


これらの症状が1つまたは複数出ていたら熱中症の疑いがあります。


【2】熱中症になったと判断した場合の対応

★まずは応急処置が必要です。
・保冷剤や氷などで次の場所を冷やしてあげましょう。
頭や頸動脈、脇やそけい部です。
わかりやすく言うと、頭の上や首周り、両手両足の付け根あたりです。
・濡れたタオルで拭いてあげると良いでしょう。

※しかし濡れることを嫌がる猫ちゃんもいますので、様子を見ながら行って下さい。


この応急処置をしてる間、動物病院にも連絡して連れて行く方法など獣医さんに相談して下さい。


一番重要なのは熱中症にならないよう対策をしておくことです


【3】それでは熱中症になりやすい条件についてお話します。
・高温、多湿である
・前日との気温差がある場合や、外出する猫では室内との気温差がある場合
・留守中に室内の気温が高くなって、体を冷やす方法が無かった場合
・飲水が無くなって水分補給が出来なかった場合
・アンダーコートが残っていて、熱を発散出来ない場合
・高齢になって急激な温度変化についていけなかった場合

※こういった条件によって熱中症になりやすいと言われています。




【4】熱中症にならないようにするための対策

猫を室内に残して外出する場合は、必ず涼しく過ごせる場所や環境を作ってあげて下さい。
保冷剤やひんやりするグッズを用意してあげると良いでしょう。


そして定期的に水が少なくなってないかチェックして下さい。
外出する場合は、十分な水を確保し、こぼしてしまう事を考えて複数用意しておくと良いでしょう。


冷房を使っているからと言っても安心は出来ません
もし外出中にクーラーが壊れてしまったり、停電が起こった場合は室内の気温はすぐに上昇してしまいます。
人感センサーがあるクーラーの場合も気をつけて下さい。
人が居なくなると猫では動作せずに止まってしまう場合も考えられます。


また冷房が苦手な猫ちゃんもいます。
冷房が効いてない部屋に移動して、その場所で熱中症になってしまう事も考えれます。
冷房が苦手な猫の場合は、冷房がない場所でも涼しく過ごせる環境づくりを心がけるようにしましょう。


最後に、定期的にブラッシングをして熱が逃げやすいようにしてあげましょう。
特に冬のアンダーコートが残っていると熱が籠もりやすいので気をつけましょう。


まとめると、涼しく過ごせる環境を作ることと、水をいつでも飲めるようにしておくことが熱中症対策として欠かせない条件だと思います。


まだまだ熱い日は続きますので、人も猫ちゃんも熱中症にならないよう気をつけて行きましょう!


この記事を見た感想や
ウチではこんな対策をしてるよ!という方いらっしゃいましたらコメント頂けると嬉しいです。
関連記事
拍手を押して応援して頂けると嬉しいです。
この記事が気に入って頂けたらSNSなどで拡散してね!
[ 2019/08/09 20:15 ] ブログ | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL