茶トラ猫 茶々とマロンの茶とらーずブログ

YouTubeで公開中!茶トラ猫の茶々とマロンの動画で話せなかった情報などをブログで紹介します

オススメの猫ブラシを紹介!今まで使った4つのブラシのメリット・デメリットとは?

茶とらーずお勧めの猫用ブラシを紹介します!
オススメブラシのサムネイル

私が持っているブラシは4つありまして、使っていくうちに、良い所、悪い所が見えて来ました!
ラバーブラシ、スリッカーブラシ、ファーミネーター、手袋ブラシのうちオススメのブラシとそれぞれのメリット・デメリットを紹介いたします。

最初に言いますと、私のオススメブラシは手袋ブラシです!
なぜグローブ型が一番良いと思っているのか?全てのブラシの説明を致します。
●ラバーブラシ
ラバーブラシ
初めて使ったブラシですが、ラバー素材で柔らかくて肌に優しそうだと思い購入しました。

■メリット
想像通り柔らかい素材で猫の肌を傷付ける心配か少ないのが良いですね!
両面で長い方は長毛用、短い方は短毛用となっています。

■デメリット
短毛用では殆ど取れません。長毛用を使うと取れる事は取れますが、ブラッシングして集まった毛が猫の体に付いたまま中々ブラシが取り除いてくれません。
うち猫はどちらかと言えば短毛ですが、長毛種の猫ちゃんだと取れやすいかもしれませんね。


●スリッカーブラシ
スリッカーブラシ
猫ブラシと言ったらコレでしょう!と思っているのは私だけでしょうか?
猫を飼ってる方なら誰でも持っていそうなブラシです。

■メリット
毛の先が丸くなっていて皮膚を傷付けにくい形になっています。
撫でるだけで簡単に扱えるのが良いです!
櫛を使ったかのような綺麗な毛並みになる事も良いですね!

■デメリット
毛が取れる量が少ないことです。
何度も何度も撫でないと取れません。
気長にブラッシング出来る人なら良いかもしれませんね。


●ファーミネーター
ファーミネーター
言わずと知れたファーミネーターです!
説明不要かも知れませんが使ってみての感想です。

■メリット
毛が簡単にゴッソリ取れる事!
それ以上でもそれ以下でもありません。
ブラシの後ろにあるボタンを押すと取れた毛を取り除く事が出来るので後処理も楽です。
短い時間で沢山取れるのであまり時間が掛けられない人にも向いていると思います。

■デメリット
ブラシが金属製て刃の様になっているので長時間使ってしまうと猫の皮膚に傷付けてしまうかも?と心配になります。
本家のファーミネーターはこの心配は少ないかも知れませんが、特に類似品には気を付けて下さい。
強いて言えば値段が高い事も気になるポイントですね。


●手袋(グローブ)型ブラシ
手袋ブラシ
1つ目でコレを買う人は少ないかもしれませんが、ブラッシングを嫌がって逃げる猫ちゃんの場合は特にオススメです。

■メリット
撫でる要領でブラッシングが出来る事です。
逃げようとしても、手袋したまま抱っこしたままブラッシングが簡単にブラッシングが出来ます。
ファーミネーター程ではありませんが、他のブラシと比べて圧倒的に毛が取れます!
撫でているとゴロゴロと甘えてきて気持ちよさそうにしています。
ウチの猫は他のブラシを使うと噛んだり、攻撃したり、逃げたりするのですが、手袋ブラシは噛まれることも攻撃されることもなく、逃げられない!そして良く毛が取れるのでオススメしています。

■デメリット
ブラシになっているゴム部分以外の所に付いた毛が除去しにくく、テープなどでペタペタしてキレイにするしかないことです。
数日後にはまた使うので念入りに取る必要は無いかもしれませんが、気になるのはソコだけです。


●まとめ
茶とらーず家で使っている4つのブラシのメリット・デメリットを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
動画も見てみて、感想はコメントに書いて教えて下さいね!
関連記事
拍手を押して応援して頂けると嬉しいです。
この記事が気に入って頂けたらSNSなどで拡散してね!
[ 2019/05/13 21:01 ] 猫用品紹介 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL